スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーリーの話

今日もロックミシンの話を。

今、お仕事でニットを大量に縫っています。
4本ロック+上ルーパーはウーリーで。

このウーリーさんが、中々強者ですんなり行ってくれず、苦手でした。
がっ、いきなり絶好調ゝ(≧∀≦)ノわぁ~い♪
で、翌日糸を換えると絶不調Σ(|||▽||| )
太さも全部同じなのに……。

こうなると、1時間コースは当たり前。

調べて、聞いて、それでもダメで(´Д⊂モウダメポ
ブラザーに電話しちゃったよ(笑)
思いの外対応が良く、何となく気分転換できました。
(某有名電機メーカーなんて、『あんたが悪いんでしょ?』な対応でブチ切れたし(屮゚Д゚)屮)



そして閃いたのが、ウーリーさんが絡まない為のネット
これを外したら……。

見事、解決しました~ゥレスィ━━(>∀<人)━━♪♪

前日のは、ネットをしないと糸立てに絡んだりして逆にダメだったんだけど(-∀-`; )
今日のは新品で太いから、ネットをする事でテンションが変わってしまったんだなぁ~と、勝手に解釈。
だから、ネットのある部分とない部分でテンションが違い、糸調子も縫ってる間に変わったんだろうし。

今回使っているのは工業用の太巻き。
これが市販されている物だとまた違う。
生地にも寄るし、ホント、奥が深い!!


2時間近く悩みました。
でも、また1つ学習しました。
ウーリーさんの扱い方。
無駄じゃなかったな……この2時間d(-∀-)b
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

Twitter...

+ショップリンク+


■Az-net手芸■

■コンタクトルーク■

■メガネ工場■


月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。